【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 





DVDコピー
DVDコピー
URL:http://www.cpcom.jp/


【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018-11-11

お母さんが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
お母さんが外国語を喋れないとやり出すものに、
娘への外国語教育がある。

お母さんが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
娘の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないお母さんはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなお母さんたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が娘に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その娘の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも娘というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

お母さんの意思によって
娘は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

お母さんが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が娘に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
娘に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。